REP-Keeper

唯の暇な動物好きが綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手軽自作レオパケージ 2

Posted by 深月 on   0 comments   0 trackback
私は家にいる間、殆どの時間をPC前で過ごしているわけですが
そこに観賞用のケージを設置するべく自作してみました。
それがコチラ。自作レオパケージ カラーボックス編です。

REP-K 099

元々あった3段カラーボックスの1番上を利用。
背面の板に穴あけしたり、プラダンで底受けを作ったり
前面に枠を作って扉付けたりして完成。
今回もまた作成中の画像なんか無かったりするので妄想していただけたらと思います。

プラダンの底受けの下にピタ適が挟んであるのですが
最近また寒くなってきたので明日暖突設置予定です。

REP-K 100

ケージ内は、流木、ウェットシェルター、ドライシェルター、水入れ、サイをセッティング。
ほんとはカバを入れたかったんですけど行方不明中なので代わりのサイです。
実際カバとかサイとか無くてもいいんですけどね。
それより緑が欲しいところです。

元々クランウェルツノガエルのアプリコットを新たにお迎えして
コレで土飼育しようかなーとか思ってたんですけど結局なんやかんやでレオパ用に。
でもレオパ用にしたことで初めて脱皮するとこ見れたりしたので良かったかなと思っています。
この子のお嫁さんもいつか迎えたいですが今年は我慢かなー。
スポンサーサイト

自作マウスケージ 通常版

Posted by 深月 on   0 comments   0 trackback
REP-K 068

マウスに使っていた小動物用ケージがあまりにもボロボロだった為サクっと作りました。
いずれ飼育数を増やす予定なので同じものを2個作成。
うん。普通。

最初はあーでもないこーでもないと考えてはいたのですが面倒いい素材がなかったので
一般的な感じに仕上がりました。
パンダマウスなので若干コンパクトなサイズを選んだぐらいで後は普通です。

REP-K 069

上から。
網が半分ほどなのは意味があったりなかったり。
いや、特に意味はありません。

REP-K 070

中。
底抜けハウスがほのかに可愛らしさを醸し出しています。
残念なのは底抜けよりも屋根が取れたほうが何かと便利ということ。
底が無くて屋根が取り外し可能だと1番いい。

四角いのはトイレなんですけどパンダマウス達はおそらく認識してないと思われ。
あんまり使わないようなら何か遊具でもいれてあげようか検討中です。




ブログランキングに参加中

 にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
【。+゚Thank You+゚】ヾ(・ω・`o)

自作温室 ver2.0

Posted by 深月 on   6 comments   0 trackback
場所移動に伴い、温室を作り直しました。
前回の似非温室に比べて収納スペースが拡大。

REP-K 025

今回作った温室です。
120×46×150のメタルラックに
不織布→ビニール→アルミマット→ビニールの順に張り付けてあります。
ほんとはビニール→不織布→アルミマット→ビニールの順の筈が…orz

不織布はアルミマットの銀色を隠すために入れてるだけで保温には特に意味はないかと。
隠せればなんでも良かった(ノ∀`)

前面はビニールを上下段に分けて垂らしてあります。
あんまり浮かないようにマジックテープで固定。

1段目:ボールパイソン
2段目:コーンスネーク、レオパ
3段目:ペットシーツなど

最下段の棚にはスタイロフォームをはめ込んであります。
あと、ボールパイソンのケース左横にも。
2段目と3段目の間はダンボールで仕切りをしています。

温度は27~29度を保っています。
ただ、最下段のケース内温度は25度程度から上がらなかったため
パネルヒーターを背面に入れて保温してあります。
でも同時にかなり蒸れてしまったのでこのケースだけ空気穴を開けてあります。


REP-K 026

で、コレは似非温室に使っていたスチールラック。
囲っていたものを取っ払い下段2つは猫のトイレ、ご飯場所、兼くつろぎスペースに再利用。
ついでに爪とぎスペースでもあります。

その上はミシシッピニオイガメのガメラの水槽置き場。
この子も随分成長しました(*´ω`*)
画像だと水槽内がぐちゃぐちゃになってますね;


両方ともリビングに移動したのですがエアコンが付いてないので
部屋ごと暖房というわけにもいかず温室自作となりました。
いつかは冷暖房完備のペット部屋が欲しいです。切実に。



ブログランキングに参加中

 にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
【。+゚Thank You+゚】ヾ(・ω・`o)

お手軽自作レオパケージ

Posted by 深月 on   2 comments   0 trackback
今回はだいぶ前に作成したレオパケージについて。
ちょっとだけ加工して、ちょっとだけ見た目を良くするべく作ってみました。

REP-K 019

材料がコチラ。

01:AMC-N
277×355×163
積み重ねが出来る小動物用のケージ。
万能ケースらしいです。
仕舞い込んでたのを再利用します。

02:ホットナイフ
プラスチックカッターを買おうとホームセンターに行ったのですが
何だか良さそうだったのでコレにしました。
ハンダと付け替えが可能です。

03:サンデーPET
厚さ0.5ミリ。
透明ならばなんでもいいと思います。

04:なべ小ねじ
12本セット。
内側にねじの頭を向けるようにするので丸っこい物にしました。

REP-K 021

匂いを嗅がれたり、齧られたりしながら完成したのがコレ。
切り取る→穴を開ける→ボルトで留める→完成( `・ω・´)キリ
説明するような部分がこれといってないぐらい簡単に作れます。
見栄えも少しだけ良くなります。

それと網の部分にも透明の下敷きをカットして結束バンドで留めてあります。
レオパベビーだとこの網の間から脱走してしまうのでコレが1番の重要ポイントです←

REP-K 022

私的には結構気に入ってるんですけどね。
凝ってないけど、ちょっと良い。
でも、レオパの成体でも使えるのかはまだ分かりません。

ケージがもう1個余ってるんで同じやつ作ろうかな。
お迎え予定はありませんが。



ブログランキングに参加中

 にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
【。+゚Thank You+゚】ヾ(・ω・`o)

自作マウスケージ 初号機

Posted by 深月 on   0 comments   0 trackback
この間、縮小しましたとご報告したマウスケージ
マウスには向いてないと独自に判断。
うちのマウス達が野性的すぎるんだろうか(。-`ω-)ンー

水ボトルを中に設置しようもんなら速攻破壊。
まさに瞬殺。
必殺仕事人的な速さでボトルは穴を開けられ使い物にならなくされます。
何個やられたか分からないくらい。
なので今は、陶器の容器に水を入れて床に直置き。

これが良くないんです。
掃除しても衛生的とは云えない状況に早代わり。
餌入れの中にもオシッコしたりウンチョスしたり…。
どうにかならないものかと思案しておりました。

で、今回の自作に走った訳です。
実験用マウスに使うケージありますよね。
あれを参考に自作してる人のブログをネットで発見したので、それを真似ましたw
作りたくなった方は画像を参考に勘で作ってください…
とあったので、勘で作りましたw
買うと高いし。
これは総費用1400円と激安。

REP-K 320

横から。

REP-K 318

上から。

REP-K 319

蓋を開けた状態。

コレを2個作りました。
所要時間1時間くらい。
改良の余地はまだありそうです。

まだ実際使って無いので何とも言えませんが、うちは小さめの餌を使ってるので1個は網の間隔を狭めてあるのですが、もう1個の方は網の目のままなので今の所使い物になりません。
網の目から落ちちゃいますから。
餌のストック後3つもあるし…。
狭めてあるほうで試験的に使ってみようと思います。
今何匹か授乳中andご懐妊なので、授乳中のベビーが育ったらね。

これで、餌入れand水入れを置いてたスペースが開くので多少は広く、衛生的に使えるんではないかと期待してます(*゚ー゚)
うまくいけばいいけど。


作ってみたくなった方は…勘で作ってくださいw
ブログランキングに参加中

 にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
【。+゚Thank You+゚】ヾ(・ω・`o)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。